--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年03月20日 (土) | Edit |
なるほど。

そういうことか。

じゃ、今度からは写真載せたい時は絵文字ナシ。

写真ナシの時はデコレメで投稿しよう。

なんせ、ゆっくりパソコン開いてる時間がないもんで、携帯からメール感覚で投稿できるからいいんだもんね。

しょーもないことで、せっかく続けてたブログをやめるのもイヤだしね。

またがんばろ。

スポンサーサイト
2008年10月13日 (月) | Edit |
今日はママのひとりごと。

昨日12日は、ママのバレーボールの試合でした。

自分のチームをこんな風に言うのも何なんですが、一人ひとりはいいものを持っているのに試合になると発揮できない、メンタル面でも少し弱いところがあるチームでした。

確かに「くじ運」に恵まれないのも敗因のひとつだと思います。

今回も結構強いと評判のチームと当たってしまいました。しかも第一試合です。

開会式直後で十分にアップもできないまま、試合に臨みました。

だけど、みんなそれぞれ本当によくがんばりました。

バックの3人もよく拾ってくれたし、アタッカーもよく打ってくれました。

セッターはこの試合が最後の公式戦になるので、どうしても最後にみんなで1勝したかったのです。

第1セット、点数はよく覚えてないけど15-10くらいから追いついて逆転で取り、第2セットも流れに乗っていい感じで取ることができました。

みんな本当にありがとう!!

恥ずかしいけど、たった1回勝っただけなんだけど、本当にうれしかったんです。

監督やコーチもいない。メンバーもギリギリ。練習には全員そろわない。

そんなチームでも、だけど勝ちたい気持ちはみんな同じ。

がんばってよかった。相手が強いチームでもあきらめないでよかった。

本当に、本当にありがとう!!



みんなの気持ちがひとつになって、やっと勝ち取った1勝の余韻に浸っていたいところですが、この後、厳しい現実をみることになりました。

勝ち慣れていない私達はまさにこの試合で「燃え尽きて」いました。

2試合目ももちろん勝ちたい気持ちに変わりはなかったのですが、体力、気力共に持続せず、惜しくも負けてしまいました。

だけど、私達が負けたチームはこの後どんどん勝ち進み、なんと優勝したのです。

このチームに勝っていれば優勝も夢じゃなかったかも・・・

な~んてね。

あまい、あまい。

さあ、また来年に向けてがんばるぞー



2008年09月25日 (木) | Edit |
今日はママのひとりごと。

この夏でたいちゃんは4歳になりました。

子供の成長って早いですね。

やることも一人前ですが、言うこともしっかり言います。

ただ・・・時々思いも寄らないおもしろいことを言ってくれたりします。


スイミングの短期特訓で、すっかり自信をつけてしまったたいちゃん。

パパにも「プールいこう!プールいこう!」と言って、何度か市民プールに連れて行ってもらいました。

お姉ちゃんとお兄ちゃんは学校のプールの日で、たいちゃんひとりだけ特別にパパに連れて行ってもらったことがありました。

余程楽しかったのでしょう。

帰ってくるなり、少し興奮気味にたいちゃんは話してくれました。

「ママ~!今日な、たいたん(たいちゃんは自分のことを{たいたん}と言います。)どこ行ってきたと思う?」

「え~?どこ行ってきたん?いいとこ?」

「うん!めーっちゃいいとこ!」

「どこかな~?おしえて?」

すごいねんで!たいたんだけ特別やねんで!

あのな・・・
しにんプール行ってきてん!

「え~?!」


たいちゃん・・・ごめん。ママ、いくら特別でも死人プールには行きたくないです




2008年06月12日 (木) | Edit |
今日もママのひとりごと。

今日の夕方、お兄ちゃんの担任の先生が家にきました。

また何かしでかしたのかな?と思って出てみると、お友達に腕を引っ張られて痛がっていたので様子を見に来ました、との事。

お兄ちゃんはよくケガをするので、このくらい大丈夫ですよ

A先生はお姉ちゃんが1年生の時にも担任だったので、何でも気兼ねなく相談できる先生です。
とても信頼しています。

そんなA先生がお兄ちゃんの担任で本当によかったと思っています。

実は、A先生がうちに来てくださったのは、腕のケガの事だけではなかったのです。


お話しというのは、お兄ちゃんがどうも「集中力がない」らしいのです

授業で初めてする事の説明を先生がお話ししているのに、全然聞いてなくて、テストが0点だったそうです。

幼稚園の時からそうなんですが、とにかく「人の話しが聞けない」のです。

家庭訪問で、同じようなことをお姉ちゃんの担任の先生にも言われました。

姉弟そろって「集中力がない」と指摘されたわけです

実はママも子供の頃「落ち着きがない。集中力がない。」とよく言われていました。

でも、人の話しは聞いていたつもりです。ただ、今でも集中できないことに苛立ちを感じることがあります。

子供だけでなく、ママ自信の問題でもあるのです。

やっぱりこれって遺伝?親の接し方の問題?

インターネットで「集中力の鍛え方」で検索してみました。

いろいろなサイトを見ました。

集中できないのは子供らしさだというもの。大人の都合や価値観を押し付けるのではなく、子供らしさだと大きな気持ちで受け止めるべきだと。

わかっていますよ。でも実際、学校はそれでは通らないないのです。

もう何がなんだか訳がわからなくなってきた

そこで出会ったのが幸せ(しあわせ/幸福)のホームページ

目からうろこな内容で、というか読んでいるうちに「目から涙」でした。

ほんの少し救われました。

確かにお姉ちゃんも、お兄ちゃんも、もちろんたいちゃんも、子供らしくのびのび育ってくれていると思います。

嬉しい時には満面の笑みを浮かべ、泣いているお友達には優しく声をかけ、ケンカもするけど兄弟助け合い、協力し合っていける子達です。

いいところはいいで、あまり深刻に考えずにありのまま受け止める・・・むずかしい・・・

じっとできない子にじっとしなさいと言っても無理というもの。

親の接し方で子供が変われるのなら、誰か「集中力のつく接し方」を教えてくれ~


2008年05月04日 (日) | Edit |
今日はママのひとりごと。

GWに入ってどこかへ連れて行ってあげたいな~と思っても、パパは夜勤、ママも仕事があったりで、なかなかおでかけができませんでした。

仲のいい近所のお友達もほとんどお留守。

うちの3匹の怪獣達はビデオを観たり、ゲームをしてばっかりで・・・

お天気いいのに、外で遊べば?と言っても「誰もおらへんもん」と退屈そうです。

4日には奈良のばぁばのところにお泊りに行けるように頼んだから、今日だけガマンしてな。

そんなことをお姉ちゃんに話していた矢先、ケンカが勃発!!

もうお泊りナシにするからな!!!

ばぁばに電話して「ケンカばっかりしてばぁばに迷惑かけたらアカンし、お泊りナシにするわ。」

子供達はオロオロしている。しめしめ・・・

するとばぁばが思いがけないことを言ったのです。

「なんやったら、今日から来るか?」

マジで~

喜んだのは子供達だけではありません。

なぜなら、今日はパパが夜勤。ってことは、今日と明日はママは・・・

あこがれのフリータイムだー

ささっとパパのお弁当を作って、子供達のお泊りの用意もして・・・

いつもなら、手際の悪いママも今日はなんかスピーディーな気がします。

いってらっしゃ~い

みんなを送り出して、さあなにをしよう・・・

と、外にRタロ兄弟の母が!

「R兄タロごめんな。せっかく遊びに来てくれたけど今日からお泊り行ったわ。」

を言うだけのためにRタロ兄弟の家の前に行ったはずなのに、ママが家に入ったのが2時間後の6時半でした。

なんと、2時間も立ち話。でも、これも大事なリフレッシュ。

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうのです。

そんなこんなで、ビール飲んで8時半には寝てしまいました。

もったいな~い!!

明日は有意義に過ごすぞ!!とおもったのですが、起きたのは10時って・・・

今から部屋のかたづけをしようと思っています。

もう1日ほしいな・・・





| Login |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。